• アルファの教育理念
  • 小学部
  • 中学部
  • 高校部
  • 個別指導マイウェイ
  • 安心安全通塾制度

生徒の声・保護者様の声

保護者の声(中学部:Iさん)
 『中学からは違う塾に行きたい!』
 当時小学6年生の娘の一言から私の塾探しが始まりました。娘が言うには、今の塾は基礎が中心で、もっと文章題などの応用問題もやりたいとの理由からでしたが、私としては、その意欲を尊重したいものの、中2まで進んだ数学を一からやり直すのはどうしてももったいないと感じたので、無駄にならない塾を探す為に幾つかの塾に問い合わせしたところ、アルファだけが対応可能と返事を頂きました。
 しかし、心配性な私は、体験授業を多く受け、些細な事も質問し、娘も気に入ってからようやく入塾しました。(今思うと、面倒な親だと思われていたと思います。)
 でもいざ入塾すると、外から見るより予想以上にきめ細やかな対応と指導に驚かされました。教科面では、英・数の2教科はもとより、理・社も見て下さるし、テスト前、検定前には毎日何時間でも自習することができます。とにかく臨機応変に一人ひとりに合った指導をして下さるので、最初は心配だった私も今ではすっかり安心してお任せしています。
 また、テスト前でも家で勉強できない娘も塾では意欲的に取り組むようになり、親の目から見ると、よくここまで勉強できるようになったなと不思議でならないくらいです。本当にアルファを選んで良かったと感謝しています
 現在は、娘の友人をはじめ、息子二人もアルファに通っています。


保護者の声(キッズくらぶ:小学3年生、Kさん)
 内気な性格の我が子は、人とコミュニケーションをとるのが苦手で、いつもモジモジ・・・。おまけに、算数の応用問題や国語の読解力が少し気がかりになっていた頃、ふとアルファの広告が目にとまりました。私自身、子供の長所より短所に目がいってしまい、不安と反省の毎日だったからです。キッズくらぶで体験させていただいた時は、やはり恥ずかしがり、私の後ろについていましたが、時間がたつにつれ、少しずつ打ち解けて授業が楽しくなったようです。家に帰る際、本人の口から直接『ここで習いたい』との言葉が出て安心しました。
 入塾の決め手は、他のお母様方とは全く異なり、塾の教育理念・方針重視ではなく、教室の雰囲気や先生との相性が一番のポイントでした。少人数制なので、先生とのスキンシップをとりやすく、分からないところは、答えをただ教えるのではなく、解き方を導かせながら上手に優しく指導してもらえます。また、型にはまった授業スタイルではないので、子供が伸び伸びできる最適な場だなあと確信しました。
 子供にとって塾は、親に行かされるものではなく、主体性をもっていくべき場所のように思います。近年の『ゆとり教育』のしわ寄せがきているこの時期、こういう時だからこそ、親子共々生活習慣を見直し、共に成長していかなければならないと思います。
 これからもよろしくお願いします。


保護者の声(パズル道場:小学4年生、Oくん)
 昨春より基礎コース、昨夏よりパズル道場にも通っています。
半年ほど経ちましたが、以前は声をかけないとしなかった宿題を今では自分で時間を決めて行うようになりました。特にパズル道場に通うようになってから塾へ行くのが楽しみならしく、家でもルービックキューブの面を合わせる時間を父親と競争しています。本人は『対戦するのが楽しい』と話しています。
 楽しみながら考え、答えを見出していくパズル道場は彼にとって合っている勉強方法なんだろうと思います。親としては、何かに集中して好きになってくれれば他の教科にも何かしら良い影響を与えてくれるものと信じています。テストの点数だけにとらわれず、いろいろと考え試行錯誤しながら創造力を高めてくれるパズル道場は、今後の彼の人生において大いに役立つものと思います。私も学生時代にこのようなものがあれば受けたかったなぁとちょっぴりうらやましいのが本音です。
 何にでも一生懸命で好きなことをとことん頑張るようになってきた彼には、これからもパズル道場とつきあっていってほしいと思っています。 4月のパズル選手権は非常に楽しみにしており、今から力が入っています。これからもよろしくお願いします。


保護者の声(パズル道場:小学2年生Sくん、小学6年生Rくん)
 『粘り強くがんばる力』がついたような気がします。
 おっとりした、算数に少し時間がかかる兄は、制限時間内に考える集中力。計算は早いが、いつも先へ進みたい弟はじっくり問題に取り組む力。
 今まで二人を単に算数が苦手な子、得意な子と区別していましたが、改めてそれぞれの特長を見出し、苦手な子でもできること、得意な子にも弱点を発見することができました。
 子供自身もできないと思うことができた時の喜び、達成感は次へ挑戦する力になっています。級を一つずつ進めていくことや同じ世代の子供同士で競うこともまた励みになっています。 ゲーム感覚の対戦、楽しみながら頭を働かせていることで知らず知らずのうちに多くのことを学んでいるのだと思います。
 『パズル道場』は『道場』であるのだから、楽しみだけでなく何かを得る場であってほしいと思います。 子供自身が自分と向き合い、お互いを高め合って成長していってほしいと思います。とにかく子供たちはこのパズル道場が大好きです。


1